人工張芝工法

豊富なラインナップであらゆる現場ニーズに対応する人工張芝工法

植生シート

種子・肥料を付けた不織布に合成樹脂製ネットを装着し、植物の発芽生育を良好にする

弊社オリジナル植生シートの紹介

テンテックスシート

テンテックスI型
  • 2枚の水解紙の間に種子・肥料が包含されているので、施工後の降雨により種子がのり面に密着しやすく発芽が良好です。
  • ポリエチレンラッセルネットを使用していますので、のり表面の土壌浸食を防止します。
  • 種子配合は変更できます。

テンテックスシート(エコタイプ)

エコマックス麻
  • 天然繊維張芝
    環境保全を最優先にした、麻・不織布使用の自然に適応した製品です。

テンテックスフィルターシート

テンテックスフィルター
  • 綿状マットの装着により、雨滴衝撃の緩和、土粒子の移動防止、表面排水材としての機能を備え、従来品より侵食防止機能を飛躍的に向上させた製品です。
  • 種子と肥料が配合されているので、侵食防止を図りながら緑化を行えます。

植生マット

種子・肥料を付けた不織布に合成樹脂製ネットを装着し、発芽・生育に優れた人工芝

弊社オリジナル植生マットの紹介

テンテックスマット

テンテックスグリーンキープ(GK型)
  • 不織布に土壌改良剤・種子・肥料などを添着した張芝で、法面に少しの降雨でもなじむので、種子等の移動が防止され、発芽・生育に優れた効果を発揮します。
  • 肥料袋には緩効性肥料・土壌改良剤・保水剤が適量に入っており長期にわたり植生の持続を図ります。
  • ネットは1m巾で引張強度が700kg以上有り、アンカーピンにて法面に密着させると転石、浮石などの崩落防止、表層の滑落防止効果があります。
  • 製品巾は1mのため合理的に施工が出来ます。
  • 弊社植生マットを活用する事で効率的な植生が可能になります。

テンテックスフィルターマット

テンテックスフィルターマット
  • 綿状マットの装着により、雨滴衝撃の緩和、土粒子の移動防止、表面排水材としての機能を備え、従来品より侵食防止機能を飛躍的に向上させた製品です。
  • 種子と肥料が配合されているので、侵食防止を図りながら緑化を行えます。
  • 肥料袋を装着することにより、保水性と肥料養分の永続性を高めることが可能です。

パワーマット

らくだマット
  • 水溶性フィルムと不織布を袋状に縫い合わせた半割れ構造の種子袋は、少量の降雨により水溶性フィルムが溶けて内容物が法面の凹凸に沿って露出し、確実に発芽・生育させます。
  • 種子袋内には土壌改良剤・緩効性肥料が適量に入っており長期にわたり植生の持続を図ります。
  • ネット全体に装着した水溶性不織布に種子・肥料などを装着することにより、種子等の移動が防止され、発芽・生育に優れた効果を発揮します。
  • 施工は、アンカーピントと止め針により法面に敷設するため、吹付工事のようなネット張作業・吹付作業の2工程が1工程に短縮できます。

緑再来マット(ミドリサイクル)

緑再来マット(ミドリサイクル)
  • 全面的に敷設されたマットと浸食防止シート+土壌安定剤が育成基盤と地山を保護するので、裸地状態が続いても法面・斜面の防災機能を維持できます。
  • 半開式ネット粗部と。そこに形成された平場部の相乗効果により、飛来種子の定着率が飛躍的に向上します。
  • 地山に残存する種子や根系の発芽・生育が可能です。
  • 種子の定着率向上と残存植物の生育により、緑化被覆までの時間を短縮できる(実績では、半年から1年程度で侵入種を確認)。また、マットによる保護状況が確認できるので、裸地状態が続いても景観上の不安を軽減できます。

テンソイルマット

テンソイルマットA型

テンソイルマットA型

テンソイルマットⅠ型

テンソイルマットⅠ型

テンソイルマットⅡ型

テンソイルマットⅡ型

  • 客土材が装着されているマットなので、硬質土・軟岩法面において着実な緑化が期待できます。
  • 機械の搬入が困難な小規模のり面の現場でも対応できます。
  • 大型機械を一切使わず、簡単に作業できます。
  • 客土材の入った内袋とネットの外袋で二重に保護されているので、客土材の流出がなく安定した生育基盤が形成できます。
  • 植生目的に合わせて、草本(早期緑化用)と樹林(早期樹林化用)の2タイプがあります。
  • 寒冷地や転石の多い法面の表層安定に金網との併用が可能です。

その他

植生土のう(テンバック)

  • 土のうはポリエチレンネットの袋体のため、客土の移動がなく凍上・降雨による侵食がなく、法面安定に役立ちます。
  • 種子、肥料、保水材を土のうの片面に水溶性フィルムにより付着してありますので、施工中に種子・肥料が落ちることはありません。施工後、雨水により種子・肥料が土のう袋からとれ、客土の落ちたところから発芽・生育します。
テンバック
テンバック